メニュー

漢方治療について

 漢方医学は飛鳥時代に日本に輸入され江戸時代に確立した日本の総合医療です。科学の進歩とともに西洋医学が発達しましたが、人の体は5000年前と大きな違いはなく、古代中国医学を基礎として日本人向けに発達した漢方医学は決して古臭いものではありません。

15年ほど前から日本の医学部でも和漢診療の授業が始まり、昨年はWHOでその伝統医学病名が登録され、国際的にも広く認められるようになっています。

 当院では医療用エキス剤と呼ばれる粉薬を処方し、粉薬が苦手な方にも漢方薬の錠剤を用意しています。詳しい問診票に記入した後に悩んでいる症状を話していただき、舌の状態とお腹の状態を確認してその方に合った漢方薬を処方します。漢方薬と西洋薬を併用しながら体の様々な痛みに対しては指圧や鍼治療を併用します。薬や鍼だけでなく、生活習慣や食事や入浴、睡眠を指導します。

 初診の漢方診察時間は30分程度になりますので、原則予約制となっております。手術後の痛みや不安、風邪の後に長引く咳、天気が悪い時の頭痛、生理前後の体調不良、動悸やほてりなど更年期の悩み、慢性の頭痛、肩こり、腰痛、手足の冷えしびれなど、病院に行っても良くならない症状に悩んでいる方はご相談ください。

頭痛・肩こり・腰痛の漢方

病院に行っても治らない慢性の痛みに鎮痛薬をたくさん飲んでいませんか?

アセトアミノフェンは肝障害、ロキソプロフェンは腎障害、麻薬系鎮痛薬は便秘など、西洋の鎮痛薬はさまざまな副作用が知られており、できれば飲みたくないと思っている方も多いかと思います。そのような悩みには漢方治療をお勧めしています。

当院ではひとりひとりの体質に合わせた漢方薬を処方し、鍼灸の適応と判断した場合には鍼治療の併用を提案、専属の鍼灸師を紹介します。同時に、症状緩和の自分でできる漢方セルフマッサージを指導して鎮痛薬の減量を目指します。

西洋の標準治療を継続しながら、漢方薬と鍼治療を併用したハイブリッド法も効果的です。長年の痛みを抱えている患者様は、一度当院までご相談ください。

冷え性の漢方

冷え性には温める巡り漢方薬を処方します。漢方薬とはり灸を併用することで効果を増強します。

肥満治療・痩せ漢方

肥満症や肥満に伴う高血圧症の治療を行います。むくみをとる処方と食事生活指導から始めて、患者様に合った漢方薬を探していきます。下痢や便秘が肥満の原因になっている場合はこちらの治療を優先して、無理せずリバウンドしにくい体重管理指導を行います。

過食や食欲不振にも漢方治療を行いつつ、薬膳に基づいた食生活を指導します。治療は医療用エキス製剤を用いており、保険診療も可能です。

医師と一緒に理想の体型を目指しましょう!

風邪・鼻炎・アレルギーの漢方

 「漢方は飲んですぐには効かない」と誤認されていますが、「風邪のひき始めに葛根湯」と知られているように、飲んで数分で効果を実感する処方も数多く存在し、風邪は漢方薬の得意分野です。患者さまひとりひとりの症状だけでなく、体質や進行度に合わせて風邪の漢方薬を処方し、状態に合わせて西洋薬を併用することもあります。

 風邪の頭痛や倦怠感に葛根湯や五苓散、咳や鼻水には小青竜湯、風邪の後の体力回復に補中益気湯、といったように、漢方医学では病気の進行度と患者の体質に合わせてさまざまな処方を選択します。そのため「鼻炎だから抗アレルギー薬」といった処方でなく、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹に胃腸の漢方薬を処方することもあります。

 西洋薬でうまくいかない風邪やアレルギーの諸症状にお悩みの患者さまは、ぜひ当院までご相談ください。

診療の予約をする

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME