メニュー

雨の日は五苓散で鎮痛薬の減量を。コロナの倦怠感にも効果的。

[2022.04.29]
出雲は雨ですね。
雨の日の頭痛や倦怠感は気候病と呼ばれており、医学部ではあまり勉強しない分野です。 痛みに鎮痛薬を飲むだけで倦怠感にはこれといった対処法がなく、西洋医学の苦手分野とも言えます。 私が漢方薬にハマったのもこの気象病に効く「五苓散」を知ってから。 市販薬では「アルピタン」として二日酔いの薬として売られていおり、むくみをとって頭痛を軽減してくれます。
この五苓散は最近になって標準治療においても脳や心臓領域において脳や心臓のむくみ予防に有効なことがわかってきました。 臓器はむくむと血流が悪くなり十分に機能しなくなります。天気が悪い時に調子が悪くなるのはこの「むくみ」です。 むくみをとるのがこの五苓散の作用であり、漢方医学では「利水作用」と呼ばれています。

むくみをとることで、痛みだけでなく倦怠感が軽減されます。漢方医学では舌を見てむくみを診断し、五苓散を処方します。 コロナ禍の発熱外来では頭痛や倦怠感の患者さんが多いですが、このような症状はワクチンの副反応でも見られます。 コロナ感染症で鎮痛薬が効かない頭痛や倦怠感に悩まされた患者さんも多いかと思います。 風邪の頭痛には葛根湯が有名ですが、葛根湯は頭痛薬としても知られていて、五苓散との併用が効果的です。 頭痛と倦怠感を訴える患者さんには葛根湯などの漢方の風邪薬を患者さんの体質に合わせて処方し、一緒に五苓散を飲んでもらいます。 痛みが強ければ「風池」と呼ばればツボ押しの指導もします。これに従来の鎮痛薬を痛い時だけ頓用してもらえば、大体の頭痛は楽になります。
五苓散を飲むと頭痛が治ると同時に顔や足のむくみがなくなることもしばしばで、頭だけでなく全身の血流に影響を与えてさまざまな症状が緩和される現象を「異病同治」と呼ばれています。漢方治療には少なからずこのような作用があり、「漢方は体質改善」と言われるのはこのためです。
二日酔いの薬として使用されることからも五苓散は飲んですぐに効果を発揮し、肝臓にも優しく(アセトアミノフェンの副作用は肝障害が有名です)、これといった副作用はありません。 10年前に自分で五苓散の効果を実感してから数千回の処方を繰り返し、五苓散に出会うだけでも世界の片頭痛の70%は痛みから解放されるのではないかと考えています。

出雲漢方クリニックでは初診からオンライン診療可能です。初診は原則1週間分処方で、500円の送料で全国どこにでも発送いたします。残念ながら手続きの遅れで保険診療は6月からになりましたが、5月は自由診療でご相談に乗っています。(宮本外来を受診したことのある方は島根大学医学部病院で電話診療を保険診療を受け付けますので外科外来までお問い合わせください) 頭痛や倦怠感でお悩みの患者さんは、ぜひ出雲漢方クリニックまでご相談ください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME